HOME > さらに使いこなす > ATOK Sync > ATOK Sync アドバンス(ATOK 2011 向け)

ATOK Sync アドバンス 自分が育てたユーザー辞書を、インターネットを介して複数のパソコンで同期化!

ATOK Sync アドバンスを、無償領域の利用期限後も利用するには

次の3つのいずれかの方法で、ATOK Sync アドバンスの利用を継続・再開することができます。

※すでにインターネットディスクのご契約がある場合は(一太郎11/一太郎12などの無償領域を含む)ATOK Sync アドバンスを継続してご利用いただけます。

利用期限終了後に、ATOK Sync アドバンスの利用を再開する場合

インターネットディスクにログインできなくなっている場合は、
下記の申し込み手続きとは別に、ATOKの再設定が必要となります。
詳しくはWindows版詳細またはMac版詳細をご覧ください。

● 最新版にバージョンアップする

最新版ATOKをお買い上げのうえ、製品登録を行うことで、ATOK Sync アドバンスが12ヶ月間無償でご利用いただけます。

● ATOK Passport に申し込む

スマートフォンでも、WindowsでもMacでも、月額制で最新バージョンのATOKが利用いただける ATOK Passport。

ATOK Passportへの契約中は、常に最新バージョン用のATOK Sync アドバンスをご利用いただくことができます。

● インターネットディスク に申し込む

オンラインストレージサービス「インターネットディスク」の契約期間中は、継続してATOK Sync アドバンスをご利用いただくことができます。 (ATOKはバージョンアップされません。)

※IDisk Backup 無制限コースのご契約では ATOK Sync アドバンスをご利用になれません。
ATOK Sync アドバンスを利用するためには、ストレージ容量があるコースを選択してください。

※利用期限が切れた後で、ATOK Syncの利用を再開する場合は、ATOKの再設定が必要となります。詳しくはWindows版詳細またはMac版詳細をご覧ください。

その他、ご不明な点は、こちらからお問い合わせください。

TOPへ戻る
Update:2014.04.01